大宮のデリヘル嬢のと付き合った時のこと

「デリヘル嬢と付き合う」と言ったらどういうことを想像するでしょうか。
少なくとも「エッチはいっぱいできるんじゃないか?」と思いませんか。
実際私もそう思っていました。
私は神奈川のデリヘル嬢と付き合ったことがあるのでその時のことを書きたいと思います。
まずデリヘルに行って「そこそこ可愛いな」という感じだったのです。
話していて面白いし、エッチも気持ちよかったのです。
そのため何度か指名し、連絡先を交換することになりました。
何度かデリヘル店で遊んだ後外でも会おうという事になり、女の子の方から告白してきました。
オッケーをしてデリヘル店には行かなくなりました。
しかし付き合ってからというもの全くエッチはありません。
「エッチしない?」というと「仕事以外でエッチしたくないんだよね」と言うのです。
しかもよくよく考えるとその子の素性が全くわからないのに同棲感覚で家に居座られていました。
後で知ったことですが、私ではなく住む場所欲しさに同棲していたようです。
デリヘルの仕事は辞めず、ホストに入り浸り住む場所がないからうちに来る。
そんな最低な女でした。
もちろんすぐ別れたのですが、行った先は別の彼氏のところでした。

付き合っている間も客をたぶらかして彼氏にしていたようですね。

これも本当の大人の遊び

埼玉県さいたま市北区にその名も盆栽町という所があります。
かつては江戸の大名屋敷などの庭づくりをしていた植木職人たちが現在の文京区千駄木周辺に住んでいました。
明治になってから盆栽職人なども生まれていたのです。しかし、関東大震災で大きな被害を受けて、東京を離れ盆栽作りに適した土壌を求めて埼玉に移り住んだのでした。
大宮に盆栽村ができたのは大正14年と言われています。その当時は草深い武蔵野の山林地帯でした。そこに数軒の盆栽業者が移り住み育成を始めたのです。
地元の愛好家や盆栽を仕事とする人達が増えて、現在の大宮盆栽村が自治体として生まれたのです。
現在の大宮盆栽村は名品の聖地として日本国内のみならず世界から多くの愛好家が訪れています。
その種類には多様なものがあり、松柏類、雑木類、草物などが盆栽に仕立てられています。
大宮盆栽村には5つ盆栽園九霞園、清香園、藤樹園、芙蓉園、蔓青園があり、それぞれの園主こだわりの特色ある盆栽を見ることができます。

料金的に非常にお得なデリヘルは大宮にも呼べます

大宮のラブホテルにデリヘル嬢を呼んで遊ぶことも可能です。
休日の暇な時間帯に1万円そこそこ用意すれば1時間程度遊べるデリヘルは、よくよく考えれば非常にお得な遊びだと言えます。
例えば休日に競艇や競馬で5万円程度勝った場合、豪華な食事をしてもまだお金が余りますのでさらにデリヘルで遊ぶことも可能です。
デリヘル嬢とは本番行為は出来ないとはいえ、ほぼセックスと変わらない濃厚なプレイも楽しめます。
デリヘルではシックスナインプレイも出来ますが、かわいい女の子のアソコを好きなだけ舐めても値段は1万円そこそこということで、非常にコストパフォーマンスは高いと言えます。
また、仕事でデリヘル嬢はお客さんに奉仕しているとはいえ、絶妙の舌使いでアソコをお客さんに舐められると興奮して次第に大きな喘ぎ声を出してくることも珍しくありません。
シックスナインの場合、コンパニオンはペニスを舐めてくれていますが、そちらの口が止まって大きな喘ぎ声を出すようになればお客である男性の勝ちとも言えます。
要するに先にデリヘル嬢を昇天させたのです。
彼女たちは興奮すれば自分も男性のペニスをさらに気持ちよくしようと本能的に考えますので、そこからフィニッシュに向けてのサービスが加速します。