埼玉県の方言

地方のイメージを特徴付けるものとして地元の人たちが話す方言があります。豊かな言語文化を育んできた証でもある方言ですが、埼玉県にはどのような方言があるのでしょうか。

埼玉県といえば東京に近い地域のため、方言がクローズアップされる機会はすくないようです。また、東京のベッドタウンとして栄えた歴史もあるため、県外からの移住者が多いことで方言が年々使われなくなっているという面もあります。しかし埼玉県には埼玉弁と呼ばれる方言が存在します。

これは西関東地方の方言のひとつに分類され、とくに北部と東部において現在でも使用される傾向が見られています。東京の江戸言葉や群馬県の方言のほか、東北弁との共通点も指摘されており、さまざまな特徴が指摘されています。代表的なものとしては語尾に「~べ」「~べえ」とつけるもので、とくに北部の加須市や羽生市に多く話されています。また幸手市や吉川市あたりでは栃木や茨城の方言の影響が強いともいわれています。

また、埼玉弁のほかにも地域ごとにさまざまな方言のバリエーションが見られます。秩父地方に見られる秩父弁、茨城の方言との類似性が強いと言われる、上記に挙げた幸手市や春日部市あたりの葛飾方言などです。とくに葛飾方言は独特の発音で知られており、貴重な埼玉県の方言とされています。

ただ、やはり若者の間ではあまり使われなくなっている傾向が見られ、「言語の東京化」が進んでいる状況です。ある意味現代の埼玉県は方言の危機に面しているといえるのかもしれません。